経営者なら知っておくべき「ファクタリングサービス」の特徴

経営者ならばファクタリングサービスについて最低限の知識は持っておくべきでしょう。ファクタリングサービスとは資金を調達する手段の一つです。経営者ならどんな人でも資金繰りには大いに関心があるはずです。一般的には銀行などから事業性資金の融資を受けるような方法が第一に思い浮かぶことでしょうが、ファクタリングサービスというのもあるのです。
ファクタリングサービスとは、売掛債権を買い取るサービスのことです。企業においては、自社の商品やサービスが売れても、その場でお金の支払いを受けられないことが多くあります。翌月や翌々月末に銀行口座振込みなどという取引条件になっていることも多いでしょう。この場合、1~2ヵ月、場合によっては3ヵ月近くもの間、商品やサービスが売れても肝心のお金は1銭も入ってこないことになります。その間も容赦なく会社運営のための資金は必要になるわけで、これが経営者の多くが資金繰りに頭を悩ませる理由になっているわけです。
ファクタリングサービスでは、この売掛債権を買い取り、その場で現金化してくれます。実際の債券の回収は、ファクタリングサービス会社が自社に代わって行ってくれることになります。もちろん、額面の100%では買い取ってはくれません。期間が開くことからその間の利息相当分が差し引かれますし、またその間に倒産などにより債券が回収不能になるリスクもないとは言えませんから、その分も差し引かれることになるからです。