住宅ローンを組まず現金一括購入するメリットとは

マイホームを購入する際には、住宅ローンおすすめローンを利用して分割返済をしていくパターンが大半ですが、中には現金一括で購入するケースも見受けられます。まとまった手元資金がある場合に、住宅ローンを組まず現金一括購入するメリットとしては、以下の2点が考えられます。
まず第1に、金利を負担する必要が無いことです。いくら低金利の時代とはいっても、住宅ローンの金利がゼロになることは考えにくいです。例えば、借入総額3500万円、返済期間35年、年利1パーセントの場合ですと、支払わなければならない利息は合計で600万円を超えますし、2パーセントの場合では1300万円以上にもなります。合計でこれだけの金額が節約できることを考えると、現金一括購入の検討をする価値は十分にあります。
第2のメリットとして、住宅ローン審査を受ける必要がないことが挙げられます。住宅ローン審査には、概ね数週間程度の時間がかかる上、業種が不安定だったり、高齢だったりすると、必ずしも審査に通るとは限りません。現金一括購入の場合にはそのような心配をする必要がなく、すぐにマイホームを購入することが可能です。
手元に資金がある人は、ローンを組む前に現金一括購入を検討してみましょう。マイホームの購入には登記費用や仲介手数料、新生活に向けた引っ越し代や家具代等、色々お金がかかるのに、現金一括購入で手元資金を無くしてしまうことは不安かもしれません。しかし、将来のローンの金利負担や審査の煩わしさなどを考えると、現金一括購入はとてもシンプルでお得な購入方法です。